「地域の道しるべ新聞」第3号発行 ~新区長さんの声をお届けします~

令和2年4月から町内58地区の多くで、新役員による集落運営がスタートしました。ところが、コロナ禍による影響で"例年通りの進め方や活動ができない"という声が聞こえてきました。そこで、今年6月、区長の皆さんへ現在の困りごとや活動状況、区長としてのこれからの想いなどをお聞きするアンケートをお願いしました。

第3号では、区長さんの生の声を紹介するとともに、高齢社会・人口減少に対応した持続可能な集落運営に向けて町と一緒に取組みたいモデル地区を募集いたします。ぜひあなたが暮らす地区の状況を思い浮かべながらお読みいただき、家族で、地域で、コミュニティの中で話題にしてみてください。


地域の道しるべ新聞 第3号 PDF版(476.6 KB)
(令和2年7月9日全戸配布)

バックナンバー

第2号 ~あの日、区長は。~

地域の道しるべ新聞 第2号_PDF版(10.4 MB)
(令和2年2月20日全戸配布)

創刊号 ~トップランナー58~

地域の道しるべ新聞 創刊号 PDF版
(平成31年2月15日全戸配布)

発行の背景

「自律し多様なコミュニティが人々のくらしを支え、挑戦や行動を支援するまち」を目指し、佐久穂町コミュニティ創生戦略が平成27年度にスタートしました。
戦略の重点コミュニティの一つである「地域コミュニティ」いわゆる「行政区」を対象に「様々な地域コミュニティの力で楽しく、安心して暮らし続けることができるまち」を掲げ、集落が自主的に課題解決できる体制づくりに取り組んできました。
その第一歩として、住民自身が集落の現状と将来を正しく把握するため、集落基本調査(区民へのアンケート)やヒアリング、意見交換会等を実施し、また、集落の今後のあり方や活動について話し合う場づくり「集落点検」を行っています。
少子高齢化、農家の減少、核家族化や共働き等の社会情勢の変化に応じた今後の集落運営について、ぜひ家族で、地域で、コミュニティの中で話題にしてみてください。

本新聞の目的と概要

本新聞では、多くの集落で共通するような課題解決へ挑戦している集落や他市町村での取組事例の紹介、これまで集落運営に携わってきた方や地域づくりの専門家、実践者へのインタビュー、集落運営に役立つ制度などを紹介していきます。

今、集落を支えている現役世代の皆さんは「次世代へ何を伝え、残すべきか」、次世代を担う皆さんは「現役世代の挑戦を見て、どのように未来へバトンを受け継いでいくか」、集落の一員として「ジブンゴト」として一緒に考えていきましょう。

この記事についてのお問い合わせ

総合政策課 政策推進係

佐久穂庁舎

  • 電話番号

    0267-86-2553(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-4935

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ