松くい虫被害対策について

近年、アカマツが赤く染まって枯れているものを見かけると思いますが、これは松くい虫(正式には「マツ材線虫病」)というマツの病気によるものだと考えられます。佐久穂町を含む佐久地域において、この松くい虫による被害が拡大しています。町では、松くい虫被害の拡大を防止するため、春と秋の2回松くい虫被害木の伐倒くん蒸処理を実施しています。

【住民の皆様へのお願い】

・毎年、松くい虫被害木の調査を行っています。被害木調査のため、個人地へ入らせていただく場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

・被害木を発見した場合には、所有者の方へ連絡し、承諾を得た上で伐倒くん蒸処理を行います。

[伐倒くん蒸の方法について]

1被害木を伐倒し、一定の長さに切り分けます。

2切り分けたアカマツをビニールで覆い、ビニール内に薬剤を散布します。

3伐倒くん蒸処理をしたアカマツは、撤去を行わず、その場に置いたままになりますのでご了承ください。

※使用するビニール等は、生分解性プラステックで出来ているため土に還ります。

(被害木の調査・処理にあたっては、長野県森林づくり推進支援金、保全松林緊急整備事業補助金、松林健全化推進事業補助金を活用しています。)

・対象森林以外(庭木等)の被害木については、町で行いませんので、所有者の方で処理をお願いします。個人・団体による被害木の処理については、町に補助金制度がありますのでご活用ください。

佐久穂町松くい虫被害防除対策事業補助金について

この記事についてのお問い合わせ

産業振興課 林務係

八千穂庁舎

  • 電話番号

    0267-88-2529(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-2633

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ