第2期佐久穂町コミュニティ創生戦略策定に係る住民アンケート調査結果

町では、平成27年度に「第1期佐久穂町コミュニティ創生戦略(計画期間:平成27~31年度)」を策定し、集落の活性化や子育て・教育環境の充実、起業支援や産業の成長支援など町の創生に取り組んでまいりました。
「第2期佐久穂町コミュニティ創生戦略(計画期間:令和2~6年度)」の策定にあたり、住民の皆さんにご協力いただきましたアンケート調査結果がまとまりましたのでお知らせします。

1.調査の概要

  • 調査対象者: 町内に住所のある満16歳以上の男女2,000名(無作為抽出)
  • 調査方法 : 郵送による配布
  • 調査期間 : 令和2年1月17日~2月7日
  • 有効回答数: 1,131票
  • 回収率 : 56.6%

2.調査結果

町への愛着を感じる人が増加

町への愛着を感じると回答している人の割合は、平成27年度の調査から9.6ポイント増加している。

年代別に見ると、「愛着を感じる」と「どちらかというと愛着を感じる」を合わせた割合は、70代以上が最も高く、ついで20代、60代が高い。一方で10代、40代で低くなっている。

平成27年度の結果と比較すると、20代、30代で「愛着を感じる」割合が上昇している。

子育て・教育の取組は評価が高い

平成27年度の結果と比較すると、行政の取組みも行政以外の取組みも充実したと感じている人が増加している。

10代の定住・Uターン意向は上昇。町外への転出意向も高まる

16~19歳で「町内に住み続けたい、町外に出た後U ターンしたい」と考える人の割合は36.0%と前回調査 よりも増加した。一方、「町外に住み、戻りたくない」と 考える人の割合も増加している。

町民のコミュニティへの参加割合は増加

いずれかの地区活動や地区以外のグループ活動に参加する人の割合は増加。一人当たりの所属するコミュニティ数も増加している。

このほか、詳細な調査結果は以下のファイルをご覧ください。

報告書

住民アンケート調査 結果報告書(全体版)

住民アンケート結果 抜粋概要版

※R2.6.11付け全戸配布しました「抜粋概要版」において一部、図中の数値誤りがありました。
訂正後の概要版は上記PDFをご覧ください。

調査票

R1住民アンケート調査 調査票.pdf

同封資料_戦略書概要版.pdf

この記事についてのお問い合わせ

総合政策課 政策推進係

佐久穂庁舎

  • 電話番号

    0267-86-2553(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-4935

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ