クマ出没に関する注意報について

春のクマ注意報について

〇クマが冬眠から目覚める時期です

春は、クマが冬ごもりから目覚めて食べ物を探して動きます。

特に雪解けの早い里や沢筋など標高の低いところにクマが集まってくる時期です。

〇親子グマに注意を

春は、雌グマが冬の間に出産した子グマを1~2頭連れている可能性があります。

こうした雌グマは、子グマを守るために神経質になっています。

〇山菜採りは周囲の確認をしながら

春、クマは草や木の芽を好んで食べることから、山菜取りで遭遇する可能性があります。

山菜採りに熱中するあまり周辺への注意力が散漫なること、また、ラジオや鈴の音がクマに届かない場合があることからこれらを過信せずに、複数で行動し周囲に十分気をつけましょう

クマとのバッタリ遭遇が一番危険です。まずはクマに人の存在を知らせましょう

クマと遭遇しないための六箇条

  1. 朝夕の行動は避ける
  2. 周囲の確認をする
  3. クマにいる場所には近づかない
  4. 笛、ラジオ、鈴を携帯すること
  5. 子グマを見たら立ち去る
  6. 犬は連れて行かない

この記事についてのお問い合わせ

産業振興課 林務係

八千穂庁舎

  • 電話番号

    0267-88-2529(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-2633

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ