文化芸術講座の開催について

平成30年度 佐久穂町公民館主催 第2回文化財講座

「中山道追分宿の食売女と岩村田遊郭の盛衰」

講座概要

中山道追分宿は北国街道との分去れにあたり、浅間三宿のなかでも大変な賑わいをみせていた。明治21年に鉄道が開通すると旅人が通らなくなり、多くの食売女を抱えていた楼主たちは郡役所などがある賑やかな岩村田へ移ることを決めた。

稲荷神社下の田んぼへ追分から9軒と地元から2件が加わって、新しい岩村田遊郭が池の周りに造られた。それから50年にわたって不夜城のごとき歓楽街だったが、軍事統制によって姿を消した。その歴史的意味を考える。

講師

小林 收 先生

講師プロフィール

小林 收 こばやし おさむ

1931年佐久市生まれ。信州大学教育学部卒。

社会科教師として長野県内各地に赴任。

佐久地域の風土と歴史について研究を続けている。

日時

平成30年 12月9日(日) 午後2時00分~3時30分まで

場所

佐久穂町生涯学習館「花の郷・茂来館」

受講料

200円(大学生以下無料)※予約不要

町内外を問わず、どなたでも受講できます(事前の申し込みは不要です)

お問い合わせ

佐久穂町公民館まで(TEL:0267-86-2041)

この記事についてのお問い合わせ

生涯学習課 文化財・芸術係

茂来館

  • 電話番号

    0267-86-2041(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-2633

  • 対応時間

    月曜、年末年始を除く 9時00分~21時30分

ページの先頭へ