平成30年度 佐久穂町地域おこし協力隊の募集について

北八ヶ岳・剣ヶ峰より青に包まれた佐久穂町を眺める 〈北八ヶ岳・剣ヶ峰より青に包まれた佐久穂町を眺める〉

佐久穂町は長野県の東部に位置し、人口約11,500人、お互いの顔が見えるちょうどよい田舎町です。自動車・電車でのアクセスも便利で、東京から約2時間半の場所にあります。

自然環境に恵まれており、西は北八ヶ岳や八千穂高原、東は茂来山や古谷渓谷、そして町の中心を千曲川が流れています。

年平均気温は10度前後で、年間を通して寒暖の差が大きい内陸性の気候です。日照時間が長く、低温少雨なため、夏は湿度が少なく爽やかで、冬は空気が澄み渡り、雪も少なく、厳しい寒さを除けば過ごしやすい気候です。

また、大自然の恩恵を受け、北八ヶ岳からの豊富な湧水と寒暖の差から、美味しい水、野菜、果物、魚、肉、日本酒、醤油など食卓を豊かにする「うまいもん」が育まれています。新規就農者など移住者も増えつつあり、やりたいことを実現・応援する仲間、面白い人が集まり、地域住民と移住者が繋がり、新しい取り組みが生まれています。

このように大自然に囲まれた豊かな暮らしと人に出会えるまちで、一緒に「未来のふるさと」を創る活動をしてみませんか。

【隊員活動風景】

〈伝統建築継承(土壁の塗り付け)〉

〈町イチ村イチ(イベント)への参加〉

業務の概要

  • 移住交流の促進に関する活動
  • 道の駅の設置に関する活動

業務内容

移住交流の促進に関する活動

●移住支援に関する相談体制の構築

  • ゲストハウスなどを拠点に、ワンストップの移住相談窓口を設ける。合わせて、移住者と町民との交流の場、佐久穂での体験及び観光に関する交流人口と関係人口を増やす取組を行う。

●集落(住民)と移住者の関係づくり支援

  • 立上げを検討している移住促進団体と連携し、住まい、仕事及び観光分野など、移住に関連する人たちと移住促進ネットワークを築き、住民と移住者の関係性づくりを支援する。

●リノベーションなどによる住まいの確保、交流の促進

  • 住まいの確保に向けて空き家の発掘及びマッチングを行う。空き家調査結果を基に、住めそうな空き家の所有者へ空き家バンク制度及び空き家対策補助金を紹介し活用を促す。

道の駅の設置に関する活動

●道の駅に必要な機能「地域の連携機能」の研究及び提案

  • 沿道地域の文化、歴史、名所、特産物などを活用した多様で個性豊かなサービスを提供できる空間づくりの研究及び提案を担当職員と連携して行う。

募集人員

若干名

応募資格

●要件(以下の内容を満たしていること)

  1. 年齢が20歳以上45歳以下の方(平成30年4月1日現在)
  2. 三大都市圏、都市地域等(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)から生活の拠点を佐久穂町へ移し、住民票を異動することができる方
    ※地域要件については、総務省の「地域おこし協力隊」の関連ページで確認してください。
  3. 地域の活性化に強い熱意があり、地域住民と協力しながら精力的に活動できる方
  4. 心身ともに健康で誠実に業務を行うことができる方
  5. 普通自動車運転免許を取得している方
  6. パソコンの基本操作(ワード・エクセル・パワーポイント)ができ、インターネットやSNSなどを活用できる方
  7. 地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方

●参考事項(任務に役立つと思われること)※必須要件ではありません。

  1. 宿泊施設などでの接客業の実務経験
  2. 会議やプロジェクトなどでのファシリテーター・コーディネーターの実務経験
  3. 情報発信媒体などのデザインや作成の実務経験(関連する職種経験、IllustratorやPhotoshopなどの活用経験)

隊員の委嘱

  • 応募資格を満たす方の中から、町長が委嘱します。(町との雇用関係はありません。)
  • なお、町長が、隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても解任することがあります。

委嘱期間

  • 平成30年4月1日~平成31年3月31日までを最初の委嘱期間とします。(最長で3年間まで延長することができます。)

報償費

  • 隊員の報償費は、月額166,600円とします。
  • ※雇用の形態ではなく、委嘱となりますので、雇用保険には加入しません。健康保険等は、各自で対応してください。

活動形態等

  • 協力隊の業務に従事する時間は、週37.5時間(1日7時間30分)を基本とします。
  • 隊員の活動用の燃料費、消耗品費、旅費、データ通信端末及び通信料等の活動経費は町が予算の範囲内で負担します。
  • 兼業は制限しておりません。起業に向けて準備を進めることができます。

住居

  • 委嘱期間中の住居は、町内にある町営住宅、又は民間アパート等に居住していだきます。委嘱期間中の住居家賃は、予算の範囲内で町が負担します。
  • ※転居に係る費用、生活備品及び光熱水費等は、個人負担となります。

車両

  • 隊員の活動に必要な車両(自動車等)は、原則として隊員が用意するものとします。

応募受付期間

  • 平成30年1月5日(金)から平成30年2月2日(金)17時まで
  • ※郵送の場合は必着

応募方法等

  • 下記の書類を佐久穂町役場総合政策課政策推進係へ提出してください。

提出書類

  • 1.指定応募用紙 様式第1号(写真添付、必ず携帯以外のメールアドレス(フリーメール可)を記入する)
  • 様式はこちら→ 応募用紙(様式第1号).doc 応募用紙(様式第1号).pdf
  • 2.住民票抄本
  • 3.活動目標レポート※様式は任意とします。
  • 【レポート内容】
  • a.「地域おこし協力隊に活かしたい私の能力」
  • b.「活動終了後、佐久穂町でどのように起業、就業したいか」
  • ※a、bをそれぞれ提出してください。
  • 4.運転免許証(写)
  • 5.「4.応募資格」の「●参考事項」において、実務経験がわかる資料
  • ※提出書類は返却しません。
  • ※応募に要する一切の費用は、応募者の負担となります。

選考方法

  • 1.第1次選考
  • 書類選考の結果は2月9日(金)を目安に応募者全員に文書で通知します。
  • 2.第2次選考
  • 日時:2月下旬 13時~16時 予定
  • 場所:佐久穂町役場佐久庁舎(長野県南佐久郡佐久穂町大字高野町569番地)
  • 内容:13時~14時45分 町内案内
  • 15時~16時 面接
  • 第1次選考合格者を対象に佐久穂町役場で面接を行います。第2次選考の日程等詳細については第1次選考の結果を通知する際に合格者へお知らせします。
  • なお、第2次選考に要する交通費等は応募者の負担とします。
  • 3.最終選考結果の報告
  • 最終選考の結果は3月初旬を目安に第2次選考者全員に文書で通知します。
  • 4.合格者説明会
  • 規則等や任務の確認、住居案内、居住行政区へのあいさつ(区長)及び各課への紹介等を行います。合格者と日程調整の上、実施します。

募集要領

お問い合わせ・申し込み先

  • 佐久穂町役場 総合政策課 政策推進係 担当:小池・浅井
  • 〒384-0697 長野県南佐久郡佐久穂町大字高野町569番地
  • TEL:0267-86-2553 FAX:0267-86-4935
  • mail:seisaku@town.sakuho.nagano.jp

この記事についてのお問い合わせ

総合政策課 政策推進係

佐久庁舎

  • 電話番号

    0267-86-2553(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-4935

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ