食中毒の発生について

1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

国内において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児に特有の疾病で、離乳食等で摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽、増殖し、その際に生産される毒素により発症します。

乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、はちみつを与えるのは避けてください。

【症状】

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等が認められます。

【原因食品】

乳児ボツリヌス症の主な原因食品は、はちみつになります。原因不明の事例も多くあります。はちみつ以外での原因食品が確認された事例はほとんどありません。

【予防方法】

乳児ボツリヌス症の予防は、1歳未満の乳児には、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を食べさせないことです。

【ボツリヌス菌】

ボツリヌス食中毒等のボツリヌス症の原因菌になります。ボツリヌス菌は土壌や海、川などの泥砂中に分布しています。酸素の少ない環境を好む菌で、芽胞を作ります。ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、低酸素状態に置かれると発芽・増殖し、ボツリヌス毒素を生産します。

はちみつ自体はリスクの高い食品ではありません。

1歳未満の乳児には、はちみつを与えてはいけませんが、

1歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。


厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉課 保健係

佐久庁舎

  • 電話番号

    0267-86-2528(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-2633

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ