平成31年春の山火事予防運動の実施について

実施期間

平成31年3月1日(金)から5月31日(金)

山火事予防の重要性

例年、冬から春にかけて、山では枯葉や枯草が多くなることに加え、空気の乾燥や季節風あるいはフェーン現象などの気象条件等から、山火事発生の危険性が高い時期となります。山火事はいったん発生するとその消火は容易ではなく、一瞬にして貴重な森林を焼失するともに、その回復には長い年月と多くの労力を要することとなります。

とりわけ、これから暖かくなるにつれ、山に入る機会も多くなりますが、特に、空気が乾いている日や風が強い日にはたき火、火入れをしないなど、火の取扱には十分な注意が必要です。

山火事予防にあたって注意することは?

一人ひとりが森林の大切さを認識し、防火意識を高めることが最も大切です。山火事の原因のほとんどが、人のちょっとした火の取扱いの不注意で発生していることから次のことに注意が必要です。

1.枯れ草等のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
2.たき火等火気の使用中はその場を離れず、使用後は完全に消火すること
3.強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
4.火入れを行う際、許可を必ず受けること
5.たばこは、指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと
6.火遊びはしないこと


貴重な森林を山火事から守るため、皆様の御協力をよろしくお願いいたします。

この記事についてのお問い合わせ

産業振興課 林務係

八千穂庁舎

  • 電話番号

    0267-88-2529(直通)
    0267-86-2525(代表)

  • FAX番号

    0267-86-2633

  • 対応時間

    土・日曜日、祝日、年末年始を除く 8時30分~17時15分

ページの先頭へ